ご挨拶

ご挨拶

in

Detlef Fechner

東京横浜独逸学園(DSTY)は東アジア地域で一番長い歴史のある在外ドイツ学校で、1904年に横浜で設立、1905年正式に開校いたしました。

今日の広々とした学園校舎・施設は1991年から使用しているもので、横浜市北端の閑静な住宅街にあり、東京から車でも公共交通機関でも容易にアクセスできます。校舎・校庭は充実した設備をそなえ、幼稚科からアビトゥアまでそれぞれの年齢層に適した優れた学習環境が整っています。

本校には初等科、中・高等科があります。政府認定の在外ドイツ学校である本校では、アビトゥア(現在は12年制)を含むすべての一般教養系学校の卒業資格を取得することができます。授業はドイツ語で行われますが教室内の雰囲気は国際的で、DSTYで学ぶ生徒たちの国籍はドイツ、スイス、オーストリア、日本をはじめ約20カ国にのぼります。ですから、生徒たちが学習の成果を上げ年齢相応の人格形成ができるよう、それぞれに異なる学習バックグラウンドを考慮した最適なサポートを提供することが我々の責務であると考えています。

学園理念の実践である教育活動では、過去の経験に学ぶ姿勢、未知なるものに対しオープンである姿勢、この双方をバランス良く身につける教育を目指しています。教育学上の新たな知見を取り入れることはもちろん、今日の環境問題や社会の変化にも目を向けていきます。教育を広い意味の人間形成ととらえ、学科目の授業にとどまらず、たとえば広範囲にわたる補習授業、バラエティに富んだクラブ活動、さらに充実度を増したスポーツ教育、宿題サポート。またさまざまな形の出会い・ふれあいの機会などの様々な形で提供していくことを使命としています。そのために最適なフリータイムスペース、グラウンド(校庭)、講堂、食堂、図書館をそなえ、地元日本の学校やインターナショナルスクール等との交流プログラム等を用意しています。

2012/2013年度より一部外国語による他の科目の授業を導入し、又2013/2014年度よりネイティブスピーカーによるの英語授業とTOEFLテストの準備講習を導入し、本校はさらに国際色豊かになりました。母国語者のための日本語と非母国語者のための日本クラスも改善されました。来年度よりクラブ活動として日本語能力試験の準備講習も予定しています。幼稚科の教育方針、本校の各科ならびに「オープンな全日制学校」というコンセプトについても本サイト上で情報をご覧になれます。また入学手続き・スクールバスについての情報、日本関連サイトのリンクもご用意しました。

このホームページを訪れたみなさんが「バーチャルに」本校と本校を囲むコミュニティーをご覧になり、お探しの情報を得ることが出来れば幸いです。日本にいらっしゃる機会があれば、ぜひ本校に足をお運びください。お会いできる日を楽しみにしております。

学園長Dr.フェヒナー・デトレフ OStD

日本語・英語版は部分的にご覧いただけます。

© 2017 東京横浜独逸学園