学園共同体

児童生徒、保護者そして教員 – みなが学園のために力を合わせます。その協力があってこそ、DSTYは成長・発展し続けることができるのです。

 

生徒会(SV)

DSTYは民主的な学園で、授業や学園生活の形成のため生徒会も積極的に責任の一端を担います。

 

保護者

生徒の教育と人間形成は、親及び学園の共同の責務である。」(学則)。保護者は積極的に学園に関わっています。

図書室や各種イベントでの保護者ボランティアによる活動がなければ、実現しないことがたくさんあります。

クラス保護者代表が集まった組織が保護者代表会で、保護者の利益を代表します。

保護者代表会は幼稚科、初等科とギムナジウムから各一人ずつの代表で構成され、保護者、学園管理者、教員代表会とDSTY理事会との間の橋渡し役となっています。保護者代表会は学園の教育活動をサポートし、ひいては学園共同体の繁栄のために尽力しています。

 

教員

DSTYの教員および教育スタッフは専門資格教育を修了し適切な職務経験を有しています。教育要員は全員、ドイツ政府から派遣またはドイツ語圏各国から直接採用しています。

 

事務局

事務局にはドイツ人・日本人職員が勤務しています。通常の生徒管理事務の他、スクールバス運営、メンザ・学園敷地内清掃の運営管理、経理業務、校舎施設の維持管理などを担当しています。

 

財団法人と各組織

学園の運営母体は「公益財団法人 東京横浜独逸学園」です。学園運営費は授業料が中心です。その他、ほぼ3分の1がドイツ連邦共和国からの補助金と教員派遣で賄われています。スイス人教員はスイスの連邦文化庁とスイス企業からの補助金で賄われます。さらに寄付・スポンサーの支援によって学園はその使命を果たすことができます。個人または法人として公益財団法人東京横浜独逸学園の会員になることをお勧めしており、会員になることで学校の経営方針に関与するチャンスを得られます。会員は評議員を選出します。評議員は、理事と監事を任命します。理事会は法人の運営を担い、人事、建物・設備投資、学園構成の改編など学園関連のことがらにおける重要な意思決定組織です。