学園長ご挨拶

東京横浜独逸学園(DSTY)のホームページ、又学園にに関心をお持ちいただきありがとうございます。皆様にご挨拶申しあげます。 

DSTYは東アジア地域で一番歴史の古い在外ドイツ学校で、1904年に横浜で設立、1905年の5月に正式に開校しました。その後1991年に現在の新校舎に移転しております。

学園の広々とした敷地は横浜市北端の閑静な住宅街にあり、東京から車でも公共交通機関でも容易にアクセスできます。校舎・校庭は充実した設備をそなえ、幼児期から高校卒業までそれぞれの年齢層に適した優れた学習環境が整っています。

学園には初等科、中・高等科があります。さらに、11年生、12年生は専門高等学校(FOS; 経済/経営専門の高等学校)で学ぶことも可能です。政府認定の在外ドイツ学校である当園では、すべての一般教養系学校の卒業資格、すなわち基幹学校・実科学校卒業資格、大学入学資格となる高等学校卒業資格(Abitur; アビトゥア)、さらに専門高等学校卒業資格(Fachabitur)を取得することができます。授業はドイツ語で行われますが、教室内の雰囲気は国際的で、DSTYで学ぶ生徒の国籍はドイツ、スイス、オーストリア、日本をはじめ約20カ国にのぼります。ですから、生徒たちが学習の成果を上げ年齢相応の人格形成ができるよう、それぞれに異なる学習バックグラウンドを考慮した最適なサポートを提供することが我々の責務であると考えています。

学園は、経験に学ぶ姿勢、未知なるものに対しオープンである姿勢の双方をバランスよく身につける教育を学園理念としています。教育学上の新たな知見を適切に取り入れることはもちろん、今日の環境問題や社会の変化にも目を向けていきます。また、学園の教育・人間形成は学科目の授業にとどまらず、広範囲にわたる習熟度別授業、バラエティに富んだクラブ活動、充実度を増したスポーツ教育、宿題サポート、学内でのさまざまな形の出会い・ふれあいの機会などを提供しています。そのために最適な余暇室、スポーツグラウンド、講堂、食堂、図書室をそなえ、地元日本の学校やインターナショナルスクールとの交流プログラム等を用意しています。

2012/2013年度より一部科目でバイリンガル授業を導入し、学園はさらに国際色豊かになりました。日本語授業についても、母語話者向け・非母語話者向けクラスの両方を拡充しました。幼稚科および各科の教育方針、ならびに「オープンな全日制学校」というコンセプトについても本サイト上で情報をご覧になれます。また入学手続き・スクールバスについての情報、日本関連サイトのリンクもご用意しました。

このホームページでみなさんがDSTYの学園生活とコミュニティーを「バーチャルに」ご覧になり、学園をよりよく知っていただければ幸いです。日本にいらっしゃる機会があれば、ぜひDSTYに足をお運びください。お会いできる日を楽しみにしております。

 

学園長
Dr. フェヒナー・デトレフ OStD